PFOS/PFOA分析 PFOS/PFOA分析

PFOS/PFOA分析

制限の拡大が続く見込み

PFOS規制の後に代替物質であるPFOAも規制され、規制値もppmからppbへと
厳格化されています。さらにPFHxSの規制も議論されています。

フッ素化合物I(PFOA・PFOS)の規制

2017年6月にReach規則に追加される官報が発行され、その後 2019年5月のストックホルム条約(COP9)でPFOAがPOPs条約の付属書A(廃絶)に追加されることが決定しました。

【 PFOAの特徴 】

PFOAは非常に安定な化合物あることから、一度環境中に排出されるとほとんど分解されず、長期にわたり自然界に残留します。そのため、EUでは25ppbという、非常に低い閾値を設定しています。

●PFOA (ペルフルオロオクタン酸)
EU POPs規則 閾値25ppb ※1ppb=0.0000001wt%
(CAS No335-67-1及びその塩9)
●PFOS (ペルフルオロオクタンスルホン酸)
( EU POPs規則)
  • ①物質、混合物:0.001wt%
  • ②半完成品、アーティクル:0.1wt%
  • ③繊維、その他コーティング品:1μg/m2
※適用除外有り

【 使用用途 】

  • 撥水剤
    撥水剤
    離型剤
    離型剤
  • 分散剤
    分散剤
    洗浄剤
    洗浄剤
  • 潤滑剤
    潤滑剤
    消火剤
    消火剤
  • 接着剤
    接着剤

産業分析センターの強み

Strength. 01

低い定量下限値で分析可能(10ppb)

EUにおいては極低濃度での管理が求められますが、それに対応した定量下限値での分析が可能です。
PFOA 10ppb(1億分の1)分析方法:LC/MS 又は LC/MS/MSによる

Strength. 02

フレキシブルな納期対応

試料着後、翌日起算で7営業日での速報が可能です。
必要に応じ、特急対応も承っておりますので、お急ぎの場合には別途ご相談ください。

Strength. 03

豊富な分析実績

弊社には、創業以来70年以上の信頼と実績があります。是非、「産業分析センター」にご依頼ください。

報告書見本

RoHS

クリックするとPDFが別ウインドウで表示されます。
(注)ご依頼の内容によって報告書形式は変わります。

「急ぎで分析が必要だ」、「サンプル量が少ないが成分を知りたい」など、お客様のご要望に沿った分析サービスを提供しております。ぜひ一度ご相談下さい。

サービスに関するお問い合せ

0489247151( 受付時間:9:00~17:45 )